プラセンタ注射のメリット

胎盤は、自然界では出産後の緊急栄養補給に使用される部位で、たんぱく質やアミノ酸、核酸、ビタミン、ミネラル等の豊富な栄養素を含有しています。プラセンタ注射は、この胎盤の有効成分を注入する治療法で、美容や健康の向上を目的としています。
プラセンタ注射の具体的な作用は、ホルモンバランスを整えるというものです。

このために、女性ホルモンのEstrogenの低下に伴う更年期障害に効果的であり、心身の様々な不調の改善を期待することが出来ます。



ちなみに、この更年期障害と肝障害、乳汁分泌不全の改善を目的とした場合のプラセンタ注射は、健康保険が適用される保険診療となります。
一方、プラセンタには細胞分裂を活性化する作用があるので、しみやしわの改善等の美容目的でも使用されています。

さらに、老化の原因物質と考えられている活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用もあるので、アンチエイジングにも効果的です。
ただし、これらの美容目的でのプラセンタ注射は、自由診療に分類されるので、費用は全て実費となります。



この様に色々なメリットを享受できるプラセンタ注射は、安全性という点においても優秀な内容です。



これまでに副作用が発生したという報告は一件も行われていないので、安心して利用することが出来ます。この様に安全性が高いということからサプリメントや美容液など幅広いジャンルでプラセンタは利用されていますが、その中で最もダイレクトに効果を発揮するのが注射療法での使用です。